ノートパソコンの紛失や盗難が年々増加している

近年、ノートパソコンの普及がかなり進んでいるため、これらの盗難や紛失による個人情報の漏えいの問題が深刻化してきています。
アナログの対策方法ですが、まずはパソコンを保管している部屋の鍵をしっかりかけることです。空き巣被害が多い大阪の堺周辺の地域に住んでいる場合、堺市の鍵交換業者に頼んで防犯用の鍵につけ替えてもらうだけでも被害件数は抑えられます。最近のパソコンは軽く、高価で転売することができるので空き巣に盗まれることが多々あります。
その上で万が一パソコンが第三者の手に渡ってしまった場合でも個人情報を盗み取られないようにするための対策を講じることが喫緊の課題となっています。

ノートパソコンの紛失・盗難対策の中でも、すぐにでも実行できる安価で手軽な対策は、パソコンのBIOSにパスワードを設定することです。BIOSとはパソコンに必ずある搭載されているプログラムのことで、OSが起動する前にパソコンのマウスやキーボード、ハードディスクを管理したり制御おしたりする重要な役割をします。副業でチャットレディをしている場合のように共同利用者に勝手に見られたくない情報がパソコンの中にある場合にもBIOSのパスワードは有効です。

しかしながら企業の社員のすべてがノートパソコンを使って業務をしている場合、その1台1台にBIOSのパスワードが設定されているかどうか確認することはとても煩雑な作業になってしまいます。このような問題を解決する方法には、遠隔でパスワードが設定されていることが確認できるプログラムを導入するのが効果的です。

こういったプログラムを導入しますと、パソコンの再起動をしなくとも従業員のパソコンすべてがBIOSのパスワードを設定しているかどうか確認することが可能になります。

また、パスワードを設定していない従業員のパソコンには警告メールを送ることもできるため、従業員のパスワード設定忘れも未然に防ぐことができます。
このようにしてBIOSパスワード設定を万全にしておけば、万一企業のパソコンを従業員がなくしてしまった場合でも、個人情報の漏洩を防止することが可能です。

セキュリティソフトをインストール

何らかの理由でノートパソコンが盗難にあった際に最も懸念すべきは、パソコン内部の情報の漏洩です。対策を施していない場合においては、簡単にファイル情報を見られてしまい、仮にその情報が機密性が高いものならば、多大な損害が発生する可能性があります。また、プライバシーに関わる情報が漏れてしまう危険性があります。特にパソコンを買取してもらう時に情報漏洩するケースが多いので注意しましょう。しっかりデータ消去をせずに中古パソコンとして転売するような業者にお願いすることだけは避けてください。

平常利用時の万全な盗難対策としては、ハードディスク全体を暗号化しておき、その中身を決して覗き見られないようにする方法があります。ところが、ハードディスク全体を暗号化すると、電力消費量が多大になったり、動作スピードが極端に鈍化する事があり、ひいては、パソコンでの作業が大いにストレスに感じるといったデメリットが生じます。そこで、セキュリティソフトの機能を活用する方法が考えられます。

そもそも、ノートパソコンの自宅外やオフィス外での活用において、ネット環境を利用するケースは大多数でしょうから、セキュリティソフトをインストールしておくのは、当然の事だと言える訳ですが、たとえば、ウイルスバスターという製品には、任意のファイルを暗号化する機能である、「リモートファイルロック」が装備されているので、効果が期待出来ます。

すべてのファイルを暗号化するのではなく、重要な一部のファイルを暗号化するだけなので、パソコンの消費電力や動作スピードへの影響が少なく、作業にも支障をきたさないでしょう。

Macbook

Macbook

マックブックエアの公式ページです。洗練されたデザインが魅力で、常に注目を浴びるパソコンです。

ウイルスバスター

ウイルスバスター

セキュリティソフトの中でも1、2を争うほど有名で多くのユーザーを持つウイルスバスターです。ちなみに管理人もウイルスバスターユーザーです。

サンワサプライ

サンワサプライ

パソコンの周辺機器メーカーで有名なサンワサプライのセキュリティワイヤー紹介ページです。大切なパソコンが盗難に遭わないよう、ぜひ活用しましょう。